特別な時間に。


 古代ワイン発祥の原種を今も育て、伝統に忠実な手作りアルメニアワイン初上陸

Alluria アルリアワイン


アルリアワインの名前の由來は先祖が何世紀にもわたってブドウ畑を持ちワイン作りをしていた當主一族がもともとの地がアララト山渓谷のアルリア川のほとりであったことによります。トルコによる侵略により現在のワイナリー、Echmiadzin地域に移住し、6.6ヘクタールにアルメニア原種のブドウ畑から伝統製法に忠実なワイン作りを家族経営で行っています。冬は非常に寒く夏は暑いというアララト山渓谷に独特の気候と水はけの良い砂の様な赤土におおわれた風土にあるワイナリーは約7000年前の世界最古のワイン醸造所の遺跡が発見されたアルメニアの伝統を今に受け継いでいる大変希少なワイナリーです。赤も白もワイングラスに注ぐと他にない圧倒的な発色をする事からも別次元のワインであることを表しています。戦争地域でもあり全て航空便で日本に輸入しています。モスクワ随一のソムリエワインクラブから世界最高の有機ワインとして紹介されて生産者に直接会ってから2年折衝して今年から輸入が実現しました。アルメニアは国際的なバイオ認定制度がないため公の承認がありませんが日本での輸入時にも無添加でラベリングされています。

 

コメント

このブログの人気の投稿

チャレンジ

空間のアクセサリー 深セン

ミラクルージュ